China Beijing International Acupuncture Training Center

発展過程
 中国北京国際鍼灸養成センターの前身は"国際鍼灸クラス"である。世界保健機関(WHO)に委託され、中国国務院に承認されて、1975年に北京で設立された。
30年間に、中国政府、世界保健機関(WHO)と中国中医科学院のサポートと管理する下に、センターは世界へ権威的な中医研修機構になる。
30年前に、外国人の鍼灸治療勉強の願望を満たすために、ある国際機関は中国で鍼灸養成クラスの開く期待を表明していた。
1974年 8月2日に中国衛生省、外務省と文化庁は国務院に外国医師鍼灸クラスの開くを報告した。1975年に国務院は、国際連合の多角援助を通して、計画的に鍼灸研修を開催した。それから、"国際鍼灸クラス"に生まれた。 1982年に国際連合計画開発署は"国際鍼灸養成センター"として認定した。1983年に、保健省は第281文書によると、"中国北京国際鍼灸養成センター"に変えた。
30年間、"センター"は全世界の医療専門界に鍼灸、中国医学理論と臨床技術を教えるために普及している。100以上の国と地域の研修生に、鍼灸、中国医学、気功などの訓練を開いた。センターからの専門家はドイツ、ノルウェー、アメリカ、イギリス、日本、フランス、スイス、オランダなどの国で鍼灸養成、医療、学術を交流して、外国語教研室の通訳者は重要な翻訳を担当した。

一覧>>IMG

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • japhoto14

  • japhoto13

  • japhoto12

  • japhoto11

  • japhoto10

  • japhoto9

  • japhoto8

  • japhoto7